バイナリーオプション

ここを確認!バイナリーオプション取引業者の選び方

バイナリーオプションの取引を始めるには、まずは取引業者に口座を作ることが必要です。すでにFXの取引をしている人の場合は、現在自分が取引をしている業者でそのままバイナリーオプション取引を振り替えればスムーズでしょう。

 

しかし、FX取引業者が必ずしもバイナリーオプションの取引に対応しているというわけではありません

 

もしも現在利用しているFX取引業者がバイナリーオプションに対応していない場合には、別途対応業者に口座を開設することになります。FXの取引をするにあたり、開設できる口座はひとつの取引業者だけ、というルールはありませんので、複数の業者に口座開設をしても特に問題はありません

 

低コストで利用できるバイナリーオプション業者を選ぶ

その業者を実際に選ぶ場合のポイントですが、ひとつは「低コストで利用できる」という点。FX取引業者に口座を開設する場合には、口座維持費や取引手数料などができるだけ安い業者を選びましょう。

 

口座維持費については、ほとんどの業者が無料で利用できるようになっていますが、それ以外の手数料についてはしっかりと確認しておきたいところです。

 

たとえば入出金にかかる手数料は注意しておきたいところであり、提携している銀行以外は手数料が高くなるといったケースもあります。できるだけ安いコストで利用することが、利益を大きく増やすポイントとなりますので、申し込み前に確認しておきましょう。

取引したいバイナリーオプションの種類のある業者を選ぶ

次に、用意されているバイナリーオプションの種類についても確認しておきたいところです。一言でバイナリーオプションといっても、その種類や取引ルールは対応している業者ごとに異なります。

 

取引の難易度もそれぞれ異なりますので、現在の自身の経験などを総合的に考慮して対応している業者を選ぶようにしましょう。

当サイトからのバイナリーオプション口座開設人気ランキング

FXトレードフィナンシャルのバイナリーオプション『バイナリー・トレード』は

  • ラダータイプ
  • レンジタイプ
  • タッチタイプ

から選択して10,000円のペイアウトを得る為の購入価格が変動する取引方法。ラダータイプはシングル・トリプル・オールの3種のレート設定幅から選んで取引でき、レンジタイプはノーマル・ワイド・フリーの3種のレンジ幅から選んで取引できる。
リスクヘッジに途中転売も可能で、編集部では特にレンジタイプのフリーで自分の好みのレンジ幅を設定できるところが面白いと注目している。

取引金額50〜9,900円
通貨ペア数6通貨ペア
オプション回数11回
倍率1.01〜20倍程度
取引手数料無料

申込数ナンバーワンの外為オプションがフルモデルチェンジして新外為オプションに生まれ変わりました。オプションタイプは

  • ラダーオプション

の予想方法があります。また1,000円のペイアウトを獲得する為のチケット価格が変動するタイプなので高倍率の可能性もあります。旧タイプではなかった途中売却も可能になっているのでリスクヘッジも可能になっています。

取引金額最小1円(最大999円)
通貨ペア数4通貨ペア
オプション回数11回
倍率1,000〜1.001倍
取引手数料無料

最大倍率1.01〜20倍・1Lotあたりのペイアウト額が1000円のみんなのバイナリー!円安・円高各方向に3つずつ計6つの目標レートを選んでそのレートを判定時間に越していれば払い戻しという仕組み。
更に途中売却も出来るようになり利便性も向上しました。
判定時間が近いほど、目標レートがスタートレートより遠いほど、チケット販売開始時間に目標レートが遠いチケットが一番高い倍率になる。強い指標や強いトレンドが出ているときに高倍率チケットを買うと面白い。

取引金額50円〜990円
通貨ペア数3通貨ペア
オプション回数1日11回
倍率1.01〜20倍
取引手数料無料

1回号の取引時間2時間で終了2分前まで購入できて予想が当たれば1,000円払い戻しのチケット価格が10円から1,000円まで変動するラダーオプションタイプに生まれ変わった新LION BO。
終了2分前までは途中清算も出来るので、リスクヘッジが可能となっています。目標値が現在レートと離れているほどチケット価格が低くなるので大きく変動するファンダメンタル要素がある前は穴狙いで購入してみると面白い。

取引金額10円〜1,000円(1Lot)
通貨ペア数3通貨ペア
オプション回数1日8回号
倍率1.0〜100倍
取引手数料無料
ランキング調査

2011年12月〜現在までの当サイトからの無料口座開設数の集計によります。各社とも新サービスとなっておりますが旧サービスとの合算の集計になります。

FXと違い証拠金が沢山要らないので小額で始められるバイナリーオプション

FXだと業者をメリット毎に分けて複数使うと証拠金が分散して危ない取引になってしまいます。

 

しかし、バイナリーオプションでは小額入金で取引できますので各社に合った相場で使い分けることが出来ます。ですので複数口座開設しておき、相場に合わせて各サービスを使い分けることにより勝率を高めることが出来ると確信しています。

 

よくバイナリーオプションは『リスク限定』と言われたりしますが、確かにそうですが逆に『利益限定』でもあるのです。

 

一方的に大きくレートが変動している時には予想しやすいですが利益は限定されています。しかし、FXであれば大きな利ざやが得られる訳です。もちろんしっかり利益確定されればの話になります。

 

こうしてみるとバイナリーオプションは値動きが小さい時に最適と考えられますが、値動きが小さいということは値動きが読み辛いということにもなります。

 

こういったメリット・デメリットを頭に入れてバイナリーオプションをしないといくらリスク限定と言っても負けてばかりでは大事な資金も減ってしまいますので注意が必要です。

編集部が検証!各相場別選択バイナリーオプション

強いトレンドが出ている時 短時間(10分)で二択の取引の外為オプションでは強いトレンドが出ている時は同方向だけにエントリーすることで勝率アップ。
レンジ相場の時 選べるHIGH・LOW
LION BO
このタイプのバイナリーオプションは権利放棄もできるタイプなので早めの利益確定や、損失軽減などの措置を取ることもできます。レンジ外等がないのでどちらかに払い戻しがあるので公平的。
激しく動く高騰・急落時 1.01〜20倍の倍率が魅力。高騰・急落時は20倍チケットの可能性はぐっと高くなる。

 

編集部のお勧めは外為オプション選べるHIGH・LOWみんなのバイナリーの3つを持っておけばどんな相場でも取引チャンスが生まれると体感しています。

当サイトで人気の3つのバイナリーオプションの特徴

外為オプション 選べるHIGH・LOW みんなのバイナリー

シンプルな二者択一
レンジ外はあるが勝率は40%以上
倍率はほぼ2倍固定

 

6通貨ペア・取引時間3時間帯
権利放棄でリスク軽減可
ペイアウト倍率1.80〜1.90倍

 

チケット価格変動方式
1.01〜20倍の倍率
6つの目標レートから複数選択可

 

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションは比較的新しい外国通貨取引です。為替変動により通貨が上がる、下がるに対し、二者択一です。

 

また難しい為替チャートなどから分析するテクニカル分析や、重要指標によるファンダメンタルも必要ですが、比較的短時間なのであまり細かいところまでの分析は必要ないはずです。

 

そして初心者が入りやすい外国通貨取引だといえます。

 

またFXとどのような違いがあるのでしょうか?

 

  • 為替レートがあまり動いていないときもトレードができる。
  • FXはトレードと逆に動くマイナスが大きくなりリスクが大きくなる、しかしバイナリーオプションの場合と投資金額以外失う事がない
  • 50円程度から始めることができる。
  • 為替仲介サービス会社によってルールやリターンが違う。

 

などの違いがあります。しかしFXトレードと違いバイナリーオプションを行うときにFX取引以上に注意が必要です。

 

また時間の制約により難易度が上がっています。

 

ちなみにFXの場合為替変動を予測しポジションを持ちます。例えば為替変動が上がると予測し、買い注文を取ります。為替変動は上がることもありますが、場合によってはレンジ相場になったり、下がったりする可能性もあります。

 

仮に為替変動により下がってしまってもある程度ポジションを持ち続けることが可能です。そして、経済指数などにより、為替変動が上昇しある程度利益が出たところでポジションを決済すれば利益を確保でします。

 

しかしバイナリーオプションは時間が来れば強制的に決済されてしまうので、逃げることができません。

 

その分数多くの取引を行うことができるのです。たとえば、GMOクリック証券が行っているバイナリーオプション・外為オプションは一日236回でき、なおかつ目標を決めて取引ができ目標をクリアできればその分多く利益を出すことができます。

トレンドを掴めばおのずと勝てる!

商いの薄いレンジ相場ではトレンドは出ませんが、それでも利益を出すことが出来るのがバイナリーオプションの特徴ですが、バイナリーオプションは短い時間内の相場の動きを予想するものなのでトレンドの方向さえ掴めれば大きく負け越すことはない投資商品です。

 

トレンドを予想するのも難しいですが、各社から便利なツールが無料でリリースされていますので利用しない手はないですね。

ぱっと見テクニカル【FXプライム】


FXプライムの相場予想ツール『ぱっと見テクニカル』の形状比較は現在のチャート形状と過去の相場のチャート形状の中から一致率の高いチャートを瞬時に導き出し、今後の相場を予想するツールです。
FXの裁量取引では決済タイミングがある為参考程度にしか使えないツールでしたが、バイナリーオプションとの相性は抜群
トレンドを予想するのに最適なぱっと見テクニカルはバイナリーオプションをするにあたり必須のツールです。

 

>>ぱっと見テクニカルのFXプライムbyGMOの無料口座開設<<

海外バイナリーオプション業者には注意が必要

海外バイナリーオプションには危険がいっぱいです。FXやバイナリーオプションにおいてはただでさえリスクはあるのですが、海外ではさらにそのリスクは大きくなります。

オンライン取引によるリスク

通信ストップによる取引リスクは国内優良FX業者でもあるものです。しかし国内業者はそういったサーバー関連のインフラ整備を怠り、通信障害などを起こしてしまうと金融庁から調査が入り業務停止措置などが施されます。

 

これに対し、海外業者の場合はただでさえサーバーが海外にあり通信速度が遅いうえにこういったサーバー関係の設備投資が行われているか不明です。金融庁も海外業者は管轄外なのでそれを日本にいる私たちが調べる手立てはありません。

約定能力の欠如によるリスク

2チャンネルなどの掲示板でもこの辺はおおいに指摘されています。

店頭取引によるリスク

バイナリーオプションのレート表示はインターバンクのレートを参考に表示されています。決して世界の為替取引に使われているレートではありません。国内のFX業者でもクリック365以外のいわゆる店頭取引(オンライン取引でもクリック365以外はこう呼ぶ)はインターバンク提示のレートから逸脱している可能性もないわけではないのです。

 

しかし、国内業者のこういった提示レート操作は個人向けFX取引が始まって以来金融庁の調査や改善措置勧告により改善・淘汰されてきました。バイナリーオプションにも制限が掛かり自主規制を経て現在の投資商品が出揃いましたので安心できるといえます。

 

金融庁の管轄外の海外バイナリーオプション業者は監視する公的機関もないのでレート操作されているかもわからず、訴えて出ていくところもないので正直自分の稼いだ大事なお金を預ける気にはなりません。

送金・入金が不便

 

FXトレードをしているとどうしても調子がいい時は損切りしたくなくなります。損切りしなくてもレートが戻ってきて結局利益決済できているからです。だから初心者は損切りすることを躊躇ってはいけません。大損をする前にしっかり勉強してから取引開始することをお勧めします。

 

参照させて頂いたサイト:FX初心者入門

更新履歴