バイナリーオプション

FXの口座を開設する

FX口座はたくさんの種類がありますが、初心者が取引しやすいFX口座はどのような口座があるのでしょうか?

 

FXで取引をするとりスクが生じます。保証金(投資金額)を大きくすると利益も大きくなりますが、比例してリスクが高くなります。1,00通貨と1万通貨で取引をした例を挙げてみます。

 

保証金を使い取引を開始した時に、為替変動で1銭変動した時、1000通貨では10円の損益、1万通貨の場合100円の損益なります。米ドル/円は、一日の平均為替変動率は40銭前後です。(経済指標などの発表を除きます。)

 

仮に1000通貨で取引をした場合40銭動いた場合400円の損益、1万通貨の場合4000円になります。初心者が1万通貨で行った場合いかにリスクが高くなるか分かると思います。

 

自分の経験や保証金により無理のない取引をすることが大切です。無理をしてしまい冷静を失ってしまうと大きな損失になります。FX口座を最初に開くのであれば、1,000通貨の取引ができる外為オンラインをお勧めします。保証金は全信託保全なので仮に外為オンライン破綻しても保証金は100%保証されます。

 

また取引に大切なスプレッド(売り買いの差)が米ドルの場合1銭です。そして注目したいのが経済指標などが発表される前後でもスプレッドがあまり開かないのはFX会社でも少なく経済指標による10銭前後を狙うトレードは比較的安心して取引が可能です。

 

取引画面ではPC、スマートフォン、モバイルともすべて取引が可能です。1万通貨で取引をするのであれば断然GMOクリック証券をお勧めします。GMOクリック証券の特徴は、いろんなFX業者がある中で使い勝手が非常に良いことです。

 

FXの取引をする時にパソコンの画面が一番使いやすいのですが、外出先でパソコンを開いて取引をすること難しくマートフォンを使い取引をすることになると思います。スマートフォンでのアプリはあまり使い勝手がよくない(力を入れて作っていない)FX会社が多いのですGMOクリック証券はPCの画面と同じ情報量を得ることが出来ます。

 

一番優れているのが為替チャートとテクニカル分析です。チャートエリアとテクニカルエリア常に二つの指標を出すことが可能でチャートエリアには、人気の分析ツールであるボリンジャーバンドはもちろんのこと単純移動平均や一目も表示することが出来ます。テクニカルエリアには、MACD、RIS、ストキャスティクスなどを表示することが出来ます。

 

また取引をする時にリスクを極力へらすことができるマネーパートナーズのnanoがあります。nanoは100通貨から取引が出来ます。

 

100通貨ならば仮想マネーを使ったバーチャル取引が良いのでは?と思うトレーダーがいると思うのですが、仮想マネーはリスクがないので、リアルマネーを使った取引と難易度が全く違います。FXは経験と知識がものをいう世界、初めて取引をするのであれば極力リスクを減らし、取引経験を得ることがが大切です。

 

>>FX初心者におすすめの業者の選び方<<