バイナリーオプション

バイナリーオプションの税金

バイナリーオプションは利益が出た場合税金を払わなくてはいけません。

 

大変な思いをして利益を上げたのに税金を払うのは惜しいですが仕方ありません。

 

ではどのような形になるのでしょうか?

 

バイナリーオプションで得た利益は申告分離課税という形になります。

 

サラリーマンなど仕事をされている方は会社の給料に対する税金は総合課税という形になり複数の所得をまとめて総合的に課税することになります。

 

しかし申告分離課税は他の所得とは合わせずに別枠で課税をする制度になります。

 

申告分離課税は確定申告をして課税という形になります。

 

では実際どれぐらい利益が出た場合確定申告しなくてはいけないのでしょうか?

 

サラリーマンの場合年間2,000万円以上の収入が有る場合、確定申告をします。

 

ただ中々年間2,000万円以上の収入を得ることは難しいです、一般的なサラリーマンの場合確定申告をする必要は無いのです。

 

では給料以外で利益が出た場合どのようになるのでしょうか?

 

確定申告をしなくてはいけない条件として、「給与を一つの会社からもらっていて、給与所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える人」という条件があります。

 

そうです、バイナリーオプションで一年間20万円以上の利益が出た場合申告しなくてはいけないのです。

 

ただ損失繰越が3年間有効となりましたので、損失を出してしまった時は次の年に利益を出し合算して税金を算出することが出ます。

 

確定申告をしないと、税務署から追徴課税を科せられる可能性があるので確定申告をしたほうが無難です。

 

利益が少ないから、解らないと思っていると考えていると追徴課税になった場合余計に税金を払わなくては行けません。

 

世田谷の社長婦人がFXで利益を出していたのですが、確定申告せず、国税局に摘発され追徴課税を科せられ最終的に余計なお金を払ったのです。

 

最初は小さな利益かもしれませんが、利益を出したら確実に税金を収めておきましょう。

 

>>おすすめのバイナリーオプション業者の選び方<<