バイナリーオプション

外為オプションを取引する上での考え方

外為オプションは勝率43%超(編集部検証データによる)のシンプル取引で、10分後の予想をするよりは確率論で攻略した方がはるかに高い勝率を得られます。

 

ですから勝率50%を超えることだけを考えて戦略的に取引すればいいのです。

 

10回連続同額でで取引する内5回以上勝てばいいというルールのもとに如何に勝率を上げるかによって利益は変わってきます。

 

ここでは勝率を上げるための分析ツールにぱっと見テクニカルを利用します。また、もう一つセントラル短資FXのみらいチャートという似たツールもあるので併用して検証してみます。

 

取引時間に合わせて予測ツールを表示する

まず取引時間か回数を決めてそれに合わせた時間足で予測ツールを表示します。

 

今回は米ドル/円で取引時間1時間、取引回数13回の予測を表示してみます。

 

ぱっと見テクニカルの形状比較分析

第一近似値が円安を予測。第二近似値、第三近似値も中立で円高予測ではないので第一近似値の円安を予測を採用。

 

みらいチャート

第一みらいが中立、第二みらいも中立、第三みらいだけが円高予測。これは円高予測が弱いので、確率の低いところは取引しない。

 

ということでみらいチャートでのシグナルは取引なし。

 

5分毎の米ドル/円の取引に連続して同額でエントリー

ここは淡々とエントリーするだけ。(みらいチャートを採用した場合は取引なし)

 

さて結果です

1時間の合計13回のエントリーが終了しました。さて結果は?

 

総取引回数(米ドル/円)

13回

円安判定

9回

円高判定

3回

レンジ外

1回

ぱっと見テクニカルの形状比較分析・・・見事勝利!

  • 1,000円エントリーなら5,000円
  • 10,000円エントリーなら50,000円
  • を手にすることが出来ています。

     

    みらいチャートの方は取引なしですので勝ち負けありません。

     

    以上勝率50%を超えることを前提とした戦略です。。

     

    編集部ではぱっと見テクニカルの形状比較分析みらいチャートはもっと検証すれば更に使えるデータが蓄積されていますので、ツールを手にしてじっくり検証してみてください。

     

    >>外為オプションの無料口座開設<<

     

    >>ぱっと見テクニカルのFXプライムbyGMOの無料口座開設<<