バイナリーオプション

海外のバイナリーオプション業者は安全なのかどうか検証

国内のバイナリーオプション業者は取引ルールでの規制を完了している現在、海外の取引業者に対する注目が高まっています。ここで気になるのが、海外のバイナリーオプション業者は果たして安全なのか、という点です。

 

結論からいくと、海外のバイナリーオプション業者を利用することは現段階では危険であるといえます。特に注意したいのが、口座開設がすぐにできる業者です。通常、バイナリーオプションの取引を国内業者を利用して行う場合にはFX取引口座を業者に開設する必要があります。

 

開設にあたっては、申込書類に加えて運転免許証などの身分証明書を提出する必要があるのですが、海外の場合はこうした書類提出がなく、メールアドレスや電話番号など簡単な情報の登録だけで口座開設が完了する場合もあります。

 

口座開設ができれば後は入金をすればバイナリーオプションの取引ができるようになるのですが、実はここに落とし穴があります。そもそもバイナリーオプションに限らず、FXの取引口座を開設するためには申し込んできた人の与信情報が大きく関係してきます。

 

運転免許証などの身分証明が必要なのはこうした理由からなのですが、メールアドレスだけで登録が完了するような場合には、まずまともに与信情報を確認していないということであり、そのような業者の場合は詐欺目的でサイトを開設しているといったケースがほとんどです。

 

すぐに登録完了できるので利用する側からすれば手間がかからないのですが、いざ取引を進めて出金する段階で何かと理由をつけて手続きができないといったケースも珍しくはありません。

 

海外のバイナリーオプション取引業者のすべてがこうした悪質な業者というわけではありませんが、中にはこうした業者も含まれているのもまた事実です。そのため、これからバイナリーオプションの取引を始めたいという人は、まずは高い信頼性と実績のある国内業者を利用して取引を行うことがおすすめです。

 

>>おすすめのバイナリーオプション業者の選び方<<